ノンエー石鹸は市販していた!?真相はどうなの?

ノンエー石鹸は市販していた!?真相はどうなのか調査しました。ノンエー石鹸は市販しているのか、市販していないのかお知らせします。

Wht

HOME ≫ 【ノンエー使い方】絶対にしてはいけない使い方とは? ≫

【ノンエー使い方】絶対にしてはいけない使い方とは?

【ノンエー使い方】絶対にしてはいけない使い方とは?
 

0000452328.png
ノンエーの使い方で絶対にしてはいけない使い方とは何でしょう。


どの洗顔でも大切なのは洗顔の仕方、ノンエーもです。どんなにいい石鹸や洗顔料を使っても、どんなに高い石鹸や洗顔料を使っても、使い方を間違えてしまうと、逆に悪化させてしまう可能性があります。

それに、本当はお肌にあっていたのに、使い方のせいで変わらなかったり悪化したりして、自分にはあっていないのだと勘違いしてしまうと勿体ない。

物で溢れている今の日本では、自分の肌にあったものと出会えることってとても素敵なことなんですよ!せっかく綺麗になりたくて洗顔するのですから、綺麗になれる洗顔をしましょう!


そこで、ノンエーでしてはいけない使い方をお伝えします。

1.しっかりと泡だてましょう
ノンエーは固形石鹸ですので、泡立てるのが少し面倒って思うかもしれませんがしっかりと泡だてて、ノンエーの魅力である弾力泡を作りましょう。ごしごし指で洗ってしまっては肌に負担をかけてしまいますので、弾力泡で優しく洗いましょう。泡で洗う感触ってとっても気持ちいいですよ。


2.何回も洗わない
うるおい成分があるからと何回も洗ってはいけません。洗えば洗うだけ良いような気がするかもしれませんが、そういうことはなく。必要な油分まで取り除いてしまい、乾燥ニキビができてしまうかもしれません。


3.肌に泡を乗せすぎない
何回も洗ってしまうのと同じで、お肌に良さそうだからと、長い間お肌に泡を乗せてはいけません。ノンエー石鹸は洗浄力が強いので、長すぎると必要な皮脂まで取ってしまい、お肌の負担になります。泡を広げてから流すまで、30秒が目安です。


4.タオルでの拭き取りも優しく
せっかく泡で優しく洗顔したのに、タオルでゴシゴシしてはお肌に負担をかけてしまいます。タオルも優しく、押さえるようにして水分を拭き取りましょう。


5.化粧水と保湿クリームも使う
ノンエーはあくまでも洗顔用石鹸です。なので、洗顔後の保湿は別途行いましょう。洗顔とタオルと同じように、化粧水もパタパタ叩かないで優しくお肌につけましょう。

 
このように使い方はとっても大切です。お肌は皆さんが思っている以上にデリケート。
優しく優しく、大切に扱ってあげましょう。

 

ノンエーの使い方です。


何度も何度も正しい洗顔って言うけれど、じゃあノンエーの正しい洗顔ってなに?
ノンエー石鹸の使い方についてお話ししますね。


1.手を洗う
まずは泡を作る手を洗って清潔にしましょう。


2.ぬるま湯で顔を洗う
ノンエー洗顔の前に、ぬるま湯で顔を大きな汚れを洗い落とします。ぬるま湯の温度は温かいと感じない程度。つまりは体温と同じくらいに設定しましょう。


3.ノンエー石鹸を泡立てる
泡だてネットを使って、しっかり泡だてましょう。もちもちの弾力泡ができると楽しいですよ。


4.泡で洗顔する
指でごしごし洗わずに、泡で洗いましょう。うるおい成分配合の濃密弾力泡が優しく包み込んでくれますよ。


5.泡を洗い流す
お肌に泡を広げてから〜秒を目安に、泡を洗い流しましょう。この時、楽だからとシャワーを顔にかけないように。強い水圧がお肌に負担をかけます。


6.化粧水で整肌
ノンエーはあくまでも洗顔用石鹸なので、洗顔後は化粧水でたっぷりうるおいを与えましょう。


7.保湿クリームを塗る
化粧水で与えた水分を逃さないように、保湿クリームも使いましょう。しっかりとお肌に浸透させないと、せっかくつけた化粧水も気化してしまいますので、冬でなくても保湿クリームは使いましょう。

 
いかがですか。

こうして文章で見ると、大変そうに思うかもしれませんが、洗顔の仕方に慣れてきたり、習慣化してしまえば簡単です。

時間が経つと簡略化してしまったり自己流になってきますが、そうせずに。
正しい洗顔を続けていきたいですね。


  →ノンエーの最安値価格をチェックする
 

Side Menu

ブログカテゴリ