ノンエー石鹸は市販していた!?真相はどうなの?

ノンエー石鹸は市販していた!?真相はどうなのか調査しました。ノンエー石鹸は市販しているのか、市販していないのかお知らせします。

Wht

HOME ≫ ノンエーは脂性肌に向いてる?向いていない? ≫

ノンエーは脂性肌に向いてる?向いていない?

ノンエーは脂性肌に向いてる?向いていない?

0000452328.png
ノンエーは脂性肌に向いてる? 向いてない? どっちでしょうか。
答えは、向いています。


脂性肌とは、肌に脂質が多いタイプです。べたつくとかてかてかになるという人は、脂性肌です。特に、男性はもともと脂質の分泌が多いので、脂性肌の人が多いでしょう。

ぶつぶつができていたり、赤くなっていたり、という場合には、ノンエーでの洗顔がおすすめです。


ノンエーは、細かく泡立てての泡洗顔、泡でのクッション洗顔です。
泡をきちんと細かく作ると、泡が毛穴の奥まで入りこんで汚れを吸着してくれます。


毛穴の奥には皮脂汚れ、表面には古い角質汚れがあります。それらを、泡がしっかりと落としてくれるのです。

つまり、べたつく原因、てかてかの原因を、ノンエーが取り除いてくれるのです。


さらに、ノンエーの保湿成分で、洗顔後には適度にうるおいを与えてくれます。これで、肌ががんばって脂質を分泌しないで済みます。いつでも適度なうるおいを保つことができるのです。


肌が脂質を適度に分泌するようになれば、脂性肌も改善できるというものでしょう。

ただ、1回や2回ノンエーで洗顔したからといって、すぐに肌質やニキビやぶつぶつが改善できるというわけではないのです。そこはちょっと、時間をかけてしっかり改善していきましょうよ。


ただ、日々ノンエーで洗顔するだけでいいのです。

ある日ふと気がつくと、そう言えばこのところ肌の調子がよく、周りからの視線が今までとは違うかも、なんてことになるかもしれません。

ノンエーは、脂性肌に向いてるか向いてないかでいえば、向いてます。べたつきやてかてかを改善できます。

 

ノンエー使用時に脂性肌が気をつけたいこと



ノンエー使用時に脂性肌が気をつけたいことを説明します。

ノンエーで洗顔して、さっぱりしたからこれはいい、ということで、1日に3回も4回も洗顔してしまうということは避けましょう。いくらなんでも、いきなりノンエーで何度も何度も洗顔してしまうと、本来必要な皮脂分までなくなってしまいます。


皮脂分がなくなり、乾燥すると、肌はがんばってまた皮脂を分泌します。そしてまたべたつく肌になってしまうのです。べたつきは、ニキビや肌荒れの原因になります。

また、脂性肌を改善しようとするのはいいのですが、1日や2日で改善できるものではありません。肌には、ターンオーバーという一定周期があるのです。古くなった角質を落とし、新しく細胞を作る周期です。


肌の改善ができてくるには、ノンエーを使って2~3回目のターンオーバーです。1回のターンオーバーはおよそ1ヶ月ですから、やはり2~3ヶ月は使い続ける必要があります。


ノンエーでの洗顔は、1日のうち朝晩の2回がマックスです。それ以上は必要ありません。また、乾燥していると感じるようなら、ノンエーでの洗顔は夜1回で十分なのです。ノンエーを使う分量も工夫してみることです。


毎日コツコツ洗顔して、自分の肌をよく観察しましょう。

いつのまにか、脂性肌が気にならなくなってきます。べたつきがおさまり、さっぱりとした肌になってくるでしょう。


→ノンエーの最安値価格をチェックする
 

Side Menu

ブログカテゴリ