ノンエー石鹸は市販していた!?真相はどうなの?

ノンエー石鹸は市販していた!?真相はどうなのか調査しました。ノンエー石鹸は市販しているのか、市販していないのかお知らせします。

Wht

HOME ≫ ノンエーは敏感肌に向いてる?向いていない? ≫

ノンエーは敏感肌に向いてる?向いていない?

ノンエーは敏感肌に向いてる?向いていない?

0000452328.png
ノンエーは、敏感肌に向いてる? 向いてない? どっちでしょうか。
向いています。


なぜなら、ノンエーは、さまざまな肌質の人が使えるということを考えて作られているからです。

特に、敏感肌の人は、成分には気をつけているでしょう。

ノンエーは、ピーリング成分は入っていません。また、香料、着色料、エタノール、鉱物油は入っていません。

では、何が入っているのかというと、自然のものでできた成分です。植物の葉や根から抽出してエキスでできています。


余分なものは入っていないので、安心ですね。

敏感肌の人でも、ノンエーでしっかり洗浄して、ノンエーでしっかり保湿することができるのです。

ただ、必ずしもすべての人にノンエーは効果を発揮してくれる、というわけではありません。なぜなら、肌質というのは敏感肌といえども、個人差があるからです。


使い始めたいけれど、ちょっと不安という人でも安心して始められる特典が、ノンエーにはあります。

ノンエーの公式サイトから通販すると、初回限定の特典として、全額返金保証があるからです。


公式サイトから購入して、プレゼントでついてくる12グラムミニサイズから使って、レギュラーサイズ100グラムは未開封で、10日以内であれば、ノンエーに電話すれば返品できます。その後、返金してもらえるというわけです。

ノンエーは、敏感肌にも向いています。成分のすべては表記されていますよ。

 

ノンエー使用時に敏感肌が気をつけたいこと


ノンエー使用時に敏感肌の人が気をつけたいことは、ずばり、刺激を与えないということです。

手でこする、熱いお湯で流す、タオルでこする、というこれらの行為は、すべて肌にとっては刺激です。刺激というのは、肌に負担をかけてしまっているということです。

刺激に敏感だからとノンエーをせっかく使っているのに、正しく洗顔しないと、無駄になってしまうのです。


では、正しい洗顔とは何でしょう。

まずは、ノンエーを泡立てネットを使ってしっかり泡立て細かく弾力のある泡を作ることです。ここでしっかり泡立てれば、手と肌の間に泡が入るので、手がはd内直接触れません。手でこするという刺激を回避できるのです。

泡を肌に滑らせたら、しっかり流します。ここで、シャワーを使うなら、勢いよく出してはいけません。少しだけ流します。そして、熱湯ではなくぬるま湯を使います。ぬるま湯というのは、30度ほどのお湯のことです。これで、勢いの良い流れ、熱湯、という刺激を回避できました。


最後に、たおるで水分をしっかりとります。ここでは、タオルでごしごしこすってはいけません。たおるをそっとはだにあてて、水分だけを拭き取ります。これで、こするという刺激を回避できますね。


ノンエー使用時に敏感肌が気をつけたいことは、刺激を回避することです。


  →ノンエーの最安値価格をチェックする
 

Side Menu

ブログカテゴリ