ノンエー石鹸は市販していた!?真相はどうなの?

ノンエー石鹸は市販していた!?真相はどうなのか調査しました。ノンエー石鹸は市販しているのか、市販していないのかお知らせします。

Wht

HOME ≫ ノンエーとビーグレンのクレイウォッシュの違いを比較しました! ≫

ノンエーとビーグレンのクレイウォッシュの違いを比較しました!

ノンエーとビーグレンのクレイウォッシュの特徴は?

2019-05-07_100357
ノンエーとビーグレンのクレイウォッシュの特徴について説明します。


ノンエーの特徴です。

ノンエーには、ニキビにアプローチする成分として、グリチルリチン酸ジカリウムが入っています。炎症を抑えて、肌を健康な状態に導いてくれるものです。

また、ダイズエキスに含まれるイソフラボンは、体の中に入ると女性ホルモンと似た働きをしてくれます。体の内側から、肌を整えてくれるのです。

さらに、ノンエーには3つの保湿成分が含まれています。

・ローヤルゼリーは、肌にしっかりと栄養を与えます。
・ヒアルロン酸は、肌に水分を与えます。
・リピジュアは、人の肌になじみやすく考えらえています。水分がたっぷりある肌の状態を保ってくれる働きがあります。


ビークレンののクレイウオッシュの特徴です。

天然クレイのモンモリロナイトが、毛穴の奥まで入りこんで、汚れだけを吸着して落としてくれます。汚れとは、ニキビの原因菌、あか、皮脂、古い角質のことです。

また、ビークレンには、4つの美容成分が含まれています。

・グリチルリチン酸ジカリウムは、肌をすこやかに保ちます。
・スクワランは、保護膜を作ってくれます。
・カモミラエキスは、肌荒れを防いでくれます。
・ヒアルロン酸は、肌の水分を保ちます。うるおいを保持してくれる成分です。


ノンエーの特徴と、ビークレンのクレイウオッシュの特徴を説明しました。

 

ノンエーとビーグレンのクレイウォッシュの違いを比較しました!


ここで、ノンエーとビークレンのクレイウオッシュの違いを比較してみました。
特に、ニキビケアという面からみて、どちらがおすすめといえるのでしょうか。


ノンエーは、弾力のある細かい泡を泡立ててのクッション洗顔です。

これで、手と肌が直接触れ合うことによる摩擦という刺激を避けることができます。泡洗顔は、気持ちがよく、リラックス状態を作り出してくれます。


ビークレンのクレイウオッシュは、クリーム状のままで使うようです。

はっきりと洗顔方法がわかりませんでした。クリーム状のジェルをそのまま洗顔するということで、はじめは落ちているのかどうか、ちょっと不安があります。


ノンエーは、洗顔石鹸ひとつで、ニキビケアに大切な洗浄と保湿をクリアにします。

ビークレンのクレイウオッシュは、洗顔料です。6ステップのひとつで、スキンケアをしっかりしようとしたら、いくつも買う必要があります。


ノンエーは、公式サイトからの注文だと、1回限りです。2回目以降が自動的に届くということはありません。お得な定期コースは、ホームページから申し込みます。

ビークレンのクレイウオッシュは、初回の注文で自動的に定期コースとなります。継続することにより、割引額が大きくなります。


以上のことから、ニキビにはノンエーがおすすめです。
難しいことはなく。シンプルで安全にニキビケアが始められて、続けていくことができるからです。


  →ノンエーの最安値価格をチェックする
 

Side Menu

ブログカテゴリ